​外壁・屋根の塗替え


外壁・屋根の塗装

古くなった外壁に新しい塗装をして、住まいの外観を見違えるようにリフレッシュ。今までとは違ったカラーリングで、全く新しい外観へと変身することも可能です。また、汚れが付きにくい塗装で外壁をコーティングしたり、遮熱効果がある塗料で住まいのヒート現象を軽減するなど、住み心地を快適にする塗装など様々な種類があります。

外壁塗装をする目的は、外観をきれいにするだけではありません。

 

長期の間、雨や紫外線から住まいを守ることが一番の目的なんです。

 外壁塗装をするタイミングは? 住まいにこんな症状がある場合は、早めの対応が必要です!

POINT 1 塗装が剥げてきている

 長年の経年劣化により塗装が剥離し、塗料の耐久性がなくなってきている状態です。塗膜の裏側に水分が侵入していることも考えられますので、早めの塗装が必要です。


POINT 2 触ると白い粉が付く

 長年の経年劣化により、塗装の成分が粉状に変化した状態です。塗膜の防水効果は、著しく減少していますので、塗替えが必要な時期になっています。見た目には分かりにくいので、ある程度の年月が過ぎたら、外壁を触ってみると簡単に確認できます。


POINT 3 外壁にヒビ(クラック)が入っている

 外壁に何らかの原因で負荷が掛かり、ヒビ(クラック)が入ることがあります。これは地震や地盤の変化、構造の問題や下地の施工不良なども考えられます。ヒビより水が浸入し、塗膜が剥離したり膨れたりしますので、塗替えには下地の補修が必要ですので、早めのご相談することをお勧めいたします


POINT 4 シーリングが切れている

 外壁材のジョイント部分や窓の周辺などには、シーリングといわれる雨の侵入を防ぐ防水材が、ほとんどの住まいで使用されています。シーリングは環境条件にもよりますが10年ほどで硬化し割れが起こってきます。これも外壁塗装をするタイミングを表します。


 外壁の塗替えはどのように行うの? 外壁調査をして、その診断結果を基に最適な塗装プランをご提案します

1. 外壁調査

外壁がどのような状態なのかを確認していき、家の形や壁の面積、窓の大きさ、シーリング状態などをチェックしていきます。ベランダや屋根の防水工事も同時に調査受付けできます。


2. 塗装プラン・見積り

調査の内容を基に、現在の外壁の状態を詳しくご説明いたします。塗装面の下地の状態やどのような塗料が適しているのかなど、住まいの状態とご予算に合わせ、2~3パターン塗装プランをご提案します。


3. 色決め

塗装プランが決まれば、いよいよ外壁の色を決めていきます。外観のイメージを一新するのか、現状のままでいくのかとても悩むところです。


4. 工事契約

塗装プランと色も決まったところで、工事のご契約をさせて頂きます。(近隣への工事のご挨拶も行います。)


5. 工事着手

いよいよ工事の開始となります。はじめは、外部足場の組立てから始まっていき、洗浄や養生、下処理に塗装と工程を進めていきます。


6. 塗装工事完了

塗装工事は、おおよそ1ヶ月ほどで終わります。工事期間は、何かと普段の生活とは違い気を使うこともあるかと思いますが、これで当分の間安心して暮らせていただけると思います。


7. 安心の保証

塗装工事の完了時に、外壁塗装の保証書を発行いたします。保証内容については、お見積り時にご説明いたします。保証期間は、使用する塗料や建物の状態により変わります。


 外壁の塗替えはどこに頼めばいいの? 丁寧な仕事と工事品質の高い施工業者となります

色々な塗装業者がいますが、価格だけで判断するのはとても危険です。住まいの寿命の内、外壁の塗替えは2~3回程度だと思いますが、足場を組んで外壁を塗り替えるのは容易なことではありません。価格を重視した工事は、高い場所ではお施主様の目も届かないだろうと、塗る回数を減らしたり下処理をごまかしたりする業者もいますので注意が必要です。いくら価格が安くても、塗装の手間を省くと耐久性が劣り、早めの再塗装をしなくてはならなくなります。当社は、信頼のおける業者で施工をするので、塗装工事も安心してお任せ下さい。


お電話でのアクセス

 

0561-63-3345