コンパクトハウス


Concept

コンパクトハウスは街中の限られた敷地に、無駄のない間取りと快適空間を考えた狭小住宅スタイルの住まいです。

 

小さなお部屋でも、広く使える工夫や見せ方で、無駄のない空間の使い方ができます。

ロフトを設けたり、スキップフロアを取入れたりして、ライフスタイルに合った生活空間をつくりだします。


狭いから、どうしようもない?

こんな風にあきらめていませんか?

狭い建物しか建てることができないなら、その分のスペースを補う工夫をすることは可能なはずです。

 

普通の住宅には、スペースがある為に無駄な空間が多く存在しています。「無駄な空間が多い」それは生活する動線に無駄があることを意味しています。

決して、広いから暮らしやすいということではないのです。

どんな工夫ができる

使用できる空間を増やすことが、大切になります。

天井高さが2.5mある部屋は、確かに広く感じて魅力ありますが、有効的に使えているスペースはほんの2/3程度です。残りのスペースは、人の感覚的ゆとりを満たす空間でしかありません。

この空間を無くすことで、生活スペースを広げることが可能になってきます。

生活スペース
生活に必要なスペース

小屋裏(天井裏)の隠されたスペース

天井裏にも隠れた使用していないスペースは存在しています。

このスペースを利用してロフトや収納スペースをつくり、生活の空間をさらに広げることができます。

リビングを最上階に設け小屋裏スペースを表し、勾配天井の開放感のある広々したリビングにすることだってできるのです。

さらに、寝室や子供部屋を下の階につくることで、小屋裏の暑さをリビングで遮ってくれるので、就寝時に寝苦しいとうことも軽減される訳です。

コストダウンの対策

コンパクトハウスは、生活同線を凝縮するだけでなく、コストを抑えるために、同じ生活スタイルの場所を集約することで、コストダウンにも考慮しています。

浴室・洗面室・トイレといった水廻りを各階に分けて配置すると、配管の材料費やスペースに無駄ができるので、出来る限り同じ階に集約します。

『スペースは広く』『コストは低く』工夫次第で、色々なことが可能になってきます。